動画で見る富士山絶景

日本富士山協会 > 動画で見る富士山絶景

足柄城址(静岡県・小山町)

海抜759mにあるこの峠は、古くから足柄路として知られ、東国と西国を結ぶ重要なルートとして賑わったところです。足柄城址などの史跡をめぐる遊歩道も整備され、風向明媚な観光名所を訪れるドライブ客や金時山へのハイカーなど、四季を通して多くの観光客が訪れます。

再生時間
1:11

二十曲峠(山梨県・忍野村)

標高1,150mの峠からの景観は素晴らしく、忍野村からの富士山をこよなく愛し続けた写真家、岡田紅陽による「忍野富士」として有名な富士山の撮影スポットです。狙い目は早朝と夕方の時間帯で、絶景ダイヤモンド富士も見ることができます。

再生時間
1:06

白糸の滝(静岡県・富士宮市)

白糸の滝は国の名勝及び天然記念物で、富士山の世界文化遺産の構成資産です。高さ20m、幅150mの岸壁から数百もの滝が流れ落ち、年間通じて水温は12度、毎秒1.5トンもの湧出量があるといわれています。展望台からは、滝と富士山を一望することが出来ます。

再生時間
1:09

鳴沢村の紅葉(山梨県・鳴沢村)

鳴沢村は総面積のうち、9割を山林原野が占めています。森林はアカマツ、スギ等の針葉樹林や、ナラ、カエデ等の広葉樹林など、さまざまな木々からなっており、四季折々、多彩な表情を楽しめます。特に秋はカラマツの黄葉、カエデの紅葉が美しく、青木ヶ原樹海と富士山を一望できる紅葉台や、西湖・精進湖・本栖湖の3つの湖を一望できる三湖台、五湖台からの展望はまさに絶景です。

再生時間
0:57

新倉山浅間公園の紅葉(山梨県・富士吉田市)

忠霊塔と富士山が世界的に有名になり、年間を通じて多くの観光客で賑わう新倉山浅間公園。春には650本あまりのソメイヨシノが咲き誇り、展望台に列ができるほどの人気お花見スポットとなっています。その桜は楓よりも早い時期に茜色に紅葉し、数日で落葉します。桜の紅葉は桜紅葉(さくらもみじ)と呼ばれ、秋の季語にもなっています。

再生時間
0:55

奥庭・御庭(鳴沢村)

富士山の山梨県側、標高2,400m付近に位置する奥庭と御庭。スバルラインより山頂側の森林地帯が「御庭」、麓側が「奥庭」です。秋には奥庭のカラマツが黄金色に紅葉して美しく輝き、その先には初冠雪を迎えた富士山頂の絶景が広がります。あまりの景色の美しさから、天狗の遊び場となったと言い伝えがあり、「天狗の庭」とも呼ばれています

再生時間
1:24

宝永山(静岡県・御殿場市)

宝永4年(1707年)の宝永大噴火によって生まれた富士山最大の側火山です。標高2,693mで、登山道も整備されており、富士宮五合目から森林帯を通るルートや、水ヶ塚公園からの須山登山道ルートなどがあります。宝永山山頂から富士山頂を眺めると富士山の雄大さ、力強さを強く感じることができます。

再生時間
2:29

水ヶ塚公園(静岡県・裾野市)

標高1,500m。目前に広がる大迫力の富士山。夏は富士山ハイキングの起点、秋は紅葉が美しく、冬は無料の雪遊びができる人気スポットです。駐車場からでも富士山が一望できますが、遊歩道で15分ほどの腰切塚展望台からはまさに絶景ともいえる眺望を楽しめます。

再生時間
1:03

本栖湖(山梨県・富士河口湖町)

富士五湖の中で最も水深が深く、透明度が高い湖・本栖湖。 千円札のデザインに使われている富士山は、著名な写真家・岡田紅陽が、本栖湖北西岸から撮影した「湖畔の春」の富士山です。現在は展望地として整備され、湖畔から山道を約30分ほど登ると行くことができます。

再生時間
1:30

大淵笹場(静岡県・富士市)

工作物無しで一面の茶畑と壮大な富士山を一緒に見ることができる、富士市の原風景ともいえるビュースポットです。特に4月中旬~5月中旬の新芽の時期にはカメラを手にしたたくさんの人々で賑わいます。

再生時間
1:52